【InDesign】 欧文合字の設定

欧文合字とは

欧文合字とはligature(リガチャ)とも言います。

欧文の特定文字の文字列を、1文字に変更する方法です。

欧文合字なしの場合は、fとiの点「・」がぶつかって、見た目が良くないのに対し、欧文合字ありのほうが、見た目がきれいに収まっていますよね。

ですので基本的にAdobe製品では初期設定で欧文合字がチェックされています。

ただ少し問題があります。。

ページ物は欧文合字をオフにする

クライアントとの話し合いが必要ですが、最近はオフにすることをおすすめします。

納品物にもよりますが、検索対象から外れる恐れがあるからです。

普段DTPで作業する場合、納品物は

  • PDFのみ
  • 印刷物のみ
  • 印刷物とPDF

などが考えられるのですが、印刷のみ納品でしたら「美しければ良い」ため欧文合字をおすすめしますが、PDFでは検索出来ないことがあります。

最初にも説明説明しましたが、「欧文の特定文字の文字列を、1文字に変更する」ということで、fi(2文字)を1つの文字で生成されてしまいます。

そうすると、検索するときは当たり前ですが「欧文合字なし」で検索され、検索にヒットしない事になります。

最近ではペーパーレスが叫ばれて久しいですが、PDF内の検索にも注視して、欧文合字の設定はオフにするのが、時代に沿っているのでしょうね。

20ページ以上などの制作物では欧文合字のチェックはオフにしましょう。

ページ物は検索ヒットするほうが、見た目よりも優先順位が高いです。

チラシなどのリーフレットやパンフレットなどの小冊子はきれいなら良い。

ページ物の制作物では「20ページ以上などの制作物では欧文合字のチェックはオフにしましょう。」と書きましたが、

チラシなどのリーフレットやパンフレットなど、検索するよりも読んだほうが速い制作物は、欧文合字をオンにすることをおすすめします。

やっぱりキレイなのでね。 PDF納品も需要が無いでしょうし。

欧文合字を設定する

段落スタイルで欧文合字を設定

欧文合字を設定するには、段落スタイルをダブルクリックし、以下の設定をします。

設定する場合は、欧文合字のチェックを入れる、または、欧文合字のチェックを外してください。

その他の段落スタイルにもおなじ設定をおこない、ドキュメント全体でどちらにするのかを指定しましょう。

文字パレットで欧文合字を設定

文字パレットから設定する方法です。

文字パレットが表示されていない場合には、

  • ショートカット(Mac:commandT、WIN:ctrlT
  • メニュー項目のウィンドウ→書式と表→文字を選択

のどちらかで表示します。

設定する場合は、欧文合字のチェックを入れる、または、欧文合字のチェックを外してください。

文字パレットでの修正では段落スタイルは修正されませんので、一時的な対処とお考えください。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280