ドメインを取得する ー インターネット上の住所 ー

ホームページを公開するには、「〇〇.com」などの住所が必要です。

ドメインと言うとまだ分かりづらいので、ホームページアドレスから
理解していこうと思います。

ホームページアドレスについて

ホームページアドレスとは、urlやuriとも呼びますが、
urlやuriの名称についてはここでは説明しません。
説明すると長いので。。

ホームページの住所ってことで理解してください。

ホームページアドレスというと、

たとえばこのサイト「https://unknowledge-plus.com」の、「https://」の部分。

プロトコルという「データの送受信する方法」を指定していて、
セキュリティーがついているかどうかで、「http://」、「https://」となります。

httpの末尾に「s」がついているとセキュリティーがされていると言うぐらいの認識で良いと思います。

  • HTTP(Hypertext Transfer Protocol:ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル)
  • HTTPS(HTTP over TLS、つまり、TLS(Transport Layer Security)上でHTTP(Hypertext Transfer Protocol)を使うプロトコル)

があります。ホームページでアクセスするにはこの2つの理解で大丈夫ですが、
ファイル転送プロトコル:FTPや、メール用のプロトコル:POPやIMAPやSMTPなどもあります。

できればセキュリティーされた送受信を行うためにHTTPSで行いたいので、
そのためにはSSL(Secure Sockets Layer)へ登録すると、
TLS(Transport Layer Security)が使用でき、
設定すればHTTPSでアクセス可能になる訳です。

当ホームページでレンタルしたサーバー「エックスサーバー」では「無料SSL」が使用可能だったため、HTTPSで送受信が可能となります。

通信プロトコルについては以上です。あとはその後ろ「ドメイン」について考えます。

「https://unknowledge-plus.com」

ドメインを取得する「インターネット上の住所」はどうやってもらうのか?

それでは本題のドメインとはなにか? を理解しようと思う。

このサイトのホームページアドレス「https://unknowledge-plus.com」の「unknowledge-plus.com」の部分がドメイン。

独自ドメインとか固定ドメインとか言う。これはわかる。

ドメインについて

ドメインは後ろから考えていく。
.(ドット)で区切られた文字列ごとで理解していく必要があるらしい。

一番うしろを「トップレベルドメイン」と言う。

TLD(トップレベルドメイン)を決める

このサイトで言う「https://unknowledge-plus.com」の
「.com」がトップレベルドメイン。

俺は「.com」がほしい!  最近では「.tokyo」なんてのもあるけど。  でも「.com」がほしい!

一応説明します。

「.com」や「.jp」などを、TLD(トップレベルドメイン)と呼び、好きなものを指定すれば良いみたい。

トップレベルドメインは、

大まかに2種類に分けられる。

gTLD(g:ジェネリック) .com、.net、.org、.info、などがある。
どこの国でも使えるなど、利用条件が比較的ゆるい。
ccTLD(cc:国別コード) .jp(日本)、.us(米国)、.uk(英国)などの、その国/地域に存在(在住)する団体(個人)でないと取得できないという制限があるもの。
また一部の国/地域によっては、gTLDの様に利用条件が国外で利用可能な、.to(トンガ)、.tv(ツバル)なども使える。

トップレベルドメインは、それぞれで金額が違います。

聞き馴染みのないトップレベルドメインは安く、
よく見るものは高いのかと思われます。

よく見るものや、欲しいものや、コストパフォーマンスが良い、など自由に選択できます。

自分は「.com」でした。 理由としては、よく見ることや、なんとなく安心するから。かな。

SLD(Second-level domain:セカンドレベルドメイン)

SLDは、 .(ドット)で区切られた、後ろから2番めの名称なので、
企業が使用するドメインの「.co.jp」などの場合には「.co」の部分がSLDとなるらしいが、
一般的に自分でホームページ開設するには「https://unknowledge-plus.com」の「unknowledge-plus」の部分です。

ホームページ名称の部分ですね。

「〇〇.co.jp」の場合には、サードレベルドメイン「〇〇」がホームページの名称です。

「ドメインネームを決める」というのは、ほとんどがこの部分かと思います。

これは結構困ってしまい、調べてみると。

  • 単語が良い。
  • 単語でなくても、なるべく短いほうが良い。
  • ドメインを見て、どんなホームページなのか意味が判断できると良い。

とか言ってるけど、決まらない。。。

単語はほぼほぼ使われているし、略字も使われている。

造語をつくってしまうってのもいいけど、意味とか考えられない。

とりあえず、コンセプトに戻って考えよう。

ホームページ作るのは「趣味」。

なぜホームページを開設しようと思ったかと言えば、

誰かの本で誰かの名言「自分が何も知らないことを、自分は知っている。」(よく覚えていない。)だったような。。。

うろおぼえですが、

自分も日々の生き方を見直したり、知らない事はちゃんと理解しようということで。

この考え方がすごく気に入ったし。

どこかにメモってもなくさないように、ホームページを始めることにしたんだっけ。

ホームページの名前は「知らない知識を、プラス。」

にした。

ホームページ名からGoogle翻訳かけて、

知らない = Unknown

知識 = Knowledge

単語がかぶっているなぁと思い「unknowledge」という造語を作った。

と思って。。検索したら。。。

unknowledge = 知識不足;知識の乏しいこと

だって、、、すでにある単語だし、
まさに自分の知識不足のこと言ってますよね。。

じゃあこれが俺には、これがお似合いってことで、「unknowledge」で決定。

サブドメインとは、なんなのか?

サブドメインとは、このサイトにサブドメインをつけるなら、「https://www.unknowledge-plus.com」ですと「www」の部分がサブドメイン。

独自ドメインより前に .(ドット)で区切られた文字列らしいが、これは任意の文字列(好きな文字列)が設定できるようです。

メインのドメインを分けて使う場合に設定するようで、使用用途ごとに分ける場合に使用する。

ホームページなら「www.」、商品販売サイトなら「ec.」など、こちらも自由に決めて良いらしいです。

ただ今回は、複数のホームページをオープンするつもりは無いため、使用しなくても良さそう。

設定しませんので、スルーします。

ドメインを取得する

ドメインを取得するには「お名前.com」などが有名みたいですが、
サーバーレンタルした「エックスサーバー」でドメイン無料キャンペーンを行っていたため、「タダなら」と、エックスサーバーさんで取得することにした。

「unknowledge.com」でドメインがほしいと考えていましたので、

ドメイン登録画面で入力すると

「使われています」とのエラーが、、、

では「unknowledge-plus.com」ならどうだっ。

通った〜。

でも、少し長いけど、まあいいか。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280
Google AdSense 336×280

フォローする