【InDesign】インライングラフィックを、簡単にセンター揃えにできないかを検証

インライングラフィックの配置って、なんとなく触ってOKしてしまうこと多くないですか?

インライングラフィックを常にセンター揃えにできないかを検証してみました。
※以下の手順では、わかりやすいように下線を引いてます。

検証1 高さの異なるインライングラフィックを配置

高さの異なるインライングラフィックを配置すると、手順1 のようにインライングラフィックの下ぞろえになる。

検証2 2行目にもインライングラフィック配置 自動行送りの場合

自動行送りの場合、インライングラフィックが複数行に配置されていると、行間がインライングラフィックも含めた文字の高さに、行間を足しているように見える

検証3 行送りを固定にしてみる

行送りを固定値に変更した。

検証4 インライングラフィックを調整する

手順4 は、行送りを固定値に変更し、インライングラフィックを調整したもの。
※ ベースラインシフトではなく、グラフィックを調整します。
ベースラインシフトで調整すると、後で段落を調整するときに面倒だったりするので、
自分はベースラインシフトしないです。

検証まとめ

現状ではインライングラフィックの自動配置は無理っぽいので、
結局手動で行うことになりました。

比較的楽な方法は、

  • 行送りを固定サイズにする(自動にしない)
  • ベースラインシフトではなく、グラフィックを選択して高さを調整

この方法が良さそう。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280
Google AdSense 336×280

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google AdSense 336×280