【InDesign】段落の泣き別れを解消する(段落分離禁止オプション)

段落が泣き別れています。これは面倒ですよね。

これを解消するには、段落分離禁止オプションを使用します。

こんな感じで、段落分離禁止オプションを設定をすると、泣き別れが解消できますよ。

段落分離禁止オプションでできること

段落分離禁止オプションでは以下のことができます。

  • 前の段落と泣き別れしない。
  • 段落すべてを泣き別れしない。
  • 段落の先頭から指定した行まで泣き別れしない。
  • 段落の末尾から指定した行まで泣き別れしない。

仕事でよく使うのは、上の2つです。 これは本当によく使います。

段落スタイルで設定する

段落分離禁止オプションを段落スタイルに設定しておけば、あとは気にしなくて良いですね。

段落すべてを泣き別れしない。

前の段落と泣き別れしない。

です。

前と連動の使い方

本文と箇条書き

前の段落と泣き別れたくない段落と言えば、

  • 「本文」や「箇条書き」です。

上の文章のように、

「タイトル」の下には「本文」が入り、

「本文」の下に「箇条書き」が入ります。

この2つ(本文や箇条書き)を前の段落と連動しておけば、3つの段落がグループとして、まとまった状態で動くようになります。

手順の下層

「手順」の下の「本文」や「箇条書き」にも設定したほうが良いでしょう。

1. ああああああああああああ
あああああああああ
・ああああああああ

こんな感じで、「本文」や「箇条書き」が入る場合があります。

イラスト配置用の段落

イラストを配置する時には、文章の足りない部分を補うために使用しますので、

前段落は説明文

<イラスト>

とあれば、前段落とは無き別れたくないですよね。

こちらも設定します。

前と連動したくない段落

今までとは逆に、前と連動したくない段落もあります。

タイトルや手順です。

ページの最初に配置したいものが、これに該当します。

まとめ

段落分離禁止オプションについて説明しました。

  • 前の段落と泣き別れしない。
    • 本文や箇条書き
    • 手順の下層
    • イラスト配置用の段落
    • 前と連動したくない段落
  • 段落すべてを泣き別れしない。
  • 段落の先頭から指定した行まで泣き別れしない。
  • 段落の末尾から指定した行まで泣き別れしない。

が基本です。

制作物によって異なりますので、文章構造を考えて使うのがベストです。

まとめて表現したい箇所に適用してみてください。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280