【InDesign】テキスト量によってページを自動で増減する テキストリフロー

InDesignで、テキスト量に合わせてページが自動で調整できる。 知らなかった。。

Microsoft Office Wordや、Adobe FrameMakerは標準機能のママで、ページの増減が自動で行なわれますが、

InDesignでは、今まで使い方がわからなくて、

  • テキスト量が増えたら、ページ追加し、オーバーフローしたテキストを流し込む。
  • テキスト量が減ったら、テキスト枠とページを削除。

という作業を、ず〜っとやってました。

ブック使った数100ページ物などでは、これに気づかず目次更新を何度も何度もおこなってから、ようやくチェックするとか。。

正直無駄な作業だなぁといつも思っていましたが、

実は、InDesignでも出来ることを知って目からウロコ。。。

既存の文章に適用する

機能の名称は「スマートテキストのリフロー処理」と「プライマリテキストフロー」です。

ただ初期設定のままでは出来ませんので、設定変更していきましょう。

修正するのは、環境設定、マスターページのみです。

環境設定を設定

  1. ドキュメントを開いた状態で
    • Windowsの場合:メニュー「編集」→「環境設定」→「テキスト」を開く。
    • Macの場合:メニュー「InDesign」→「環境設定」→「テキスト」を開く。
  2. スマートテキストのリフロー処理以降をすべてチェックし、「OK」ボタンを押す。

プライマリーテキストフレームに制限する:チェックする。

見開きページスプレッドを保持:チェックする。

空のページを削除:チェックする。これを入れないとページが増えるだけで減らないため。

マスターページを設定

  1. マスターページパレットを開き、本文ページで使用しているマスターページをダブルクリックしマスターページを開く。
  2. マスターページにテキスト枠を配置し、見開きページの場合はテキスト連結する。
  3. テキスト枠の左上にある、以下のアイコンをクリックし、プライマリテキストフローにする。
  4. 本文ページに戻って、ページ選択し右クリックメニューからマスターページを適用を選択し、先ほど設定したマスターページを適用する。
  5. マスターページに設定したテキスト枠が表示され、編集を開始する。

出来上がったテキスト枠の中に、文字を流し込んでみてください。ページが増減します。

これで作業効率が上がりますね。

新規作成する場合

最近のInDesignではドキュメントを新規作成する際に設定できます。しかも操作はとっても簡単で、「プライマリーテキストフレーム」チェック入れるだけです。

ドキュメントを新規作成した後、環境設定で以下の項目にもチェックを入れておきます。

以上です。

まとめ

ドキュメント新規作成の場合は、プライマリーテキストフレームにチェックする。

既存の文章に設定するには、環境設定とマスターページを設定して、本文ページに適用する。

です。

作業効率考えたらやっておいて損はなし! です。

スポンサーリンク
Google AdSense 336×280